夏の炊き込みご飯 2種

夏の料理って、何というか冬の料理に比べて、調理時間が短くてなんか豪快な感じで好きです。
夏野菜の色とりどりのエネルギーにも元気をもらうけど、なんかこう、素材をそのまんまぎゅっとシンプルに閉じ込める夏の料理っていいですよね。

今回は、それはもう豪快に。
お野菜丸ごとを炊きこんで、おいしさも、そのエネルギーもぎゅぎゅっと閉じ込めて炊き上げる炊き込みご飯を2品ご紹介です。

1品目はトウモロコシごはん。
IMG_4789
とうもろこしの皮をむいて(皮ごと炊き込む方もいるようなので、そこはお好みでどうぞ)、そのままお米の上に乗せて、少しお塩を振って炊く。それだけ(笑)。
このビジュアルが大胆で、何とも好きです♡
IMG_4785      FullSizeRender
炊き上がったら、トウモロコシの実をほぐしてバラバラにしてごはん全体にまぶしてくださいネ。
お好みで、食べるときにごま塩を少々しても♪
私は、実をこそげた後の芯でおだしをとって、ほぐした実と一緒にトウモロコシスープも作ります。

あとは、焼きおにぎりLOVEの息子に人気があるのがトウモロコシごはんで作る焼きおにぎり。
焼きトウモロコシみたいな感じでこれも美味。
ビールにも合いますよ♪
IMG_4794

 

2品目はトマトの炊き込みごはん。
こちらも大胆なビジュアルがまず好きで、夏になるとよく炊きます。

お米の中にトマトを丸ごと入れて、炊く。それだけ(笑)。
IMG_1298
洋風にしたい場合は、洋風出汁の顆粒を入れて。和風にしたいときはかつおだしで炊きます。
トマトとかつおだしって意外と合うんですよね♪気分によってはオリーブオイルを少々プラスすることも。
で、あとはお好みで好きなお野菜や鶏肉、ベーコン、ツナなんかを一緒に炊きこんでもとてもおいしいです。

IMG_1299     IMG_1301
炊き上がったら、トマトをつぶすようにして全体に混ぜてくださいネ。
そうそう、トマトからかなりの水分が出るので、お米を炊くときのお出汁の量はその分を計算してお米と同量よりも少なくするのがポイントです。

きいろとあかの炊き込みごはん。
食卓に鮮やかな色を添えて、元気と栄養補給にピッタリの夏のお勧めです☆

2016-06-30 | Posted in ごはんのことNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment