授乳室探訪⑬ <昭和記念公園>

昭和記念公園は、東京で学生生活を送った人なら1度は遠足で出かけて事のある場所だと思います。
子どもが生まれる前のわたしも、実は、「いつだったか遠足で行った、遠くてなんだかものすごく広い場所」という印象しか持ってませんでした。

でも、息子が大きくなって運動量が増えてきて。
自然が豊かで駆け回って遊べる広い場所を求めた時に、ふと思い出して調べてみたらびっくり。
なんだかとても楽しそう♪
国営公園であることも、実はこの時初めて知りました。

春は色とりどりのチューリップと見事な桜。
夏はたくさんの木々が木陰を作り。プールでの水遊びも。
秋にはまた素晴らしい紅葉と落ち葉やドングリ拾い天国。
冬には雪遊びも。
四季折々に楽しませてくれる自然のほかに、ダイナミックに遊べるたくさんの遊具や広場や、BBQも。IMG_0056  IMG_0483

おとなも子どもも一緒に楽しめるすてきな場所です。
もちろん、授乳室やおむつ交換の場所も広い園内のそこここに整備されていて困ることもありません。

IMG_2921   IMG_2920

IMG_2919  IMG_2917

 

子どもたちが遊ぶ場所も何か所もありますがメインは子どもの森
子どもの森には「森の家」というインフォメーションセンターもあって、救護室や売店も併設。
スタッフが常駐していて、中にはパズルなどができる室内休憩スペースも。
お兄ちゃんたちは外を駆け回り、下の子とママはここで待機なんて使い方も。

IMG_0049 IMG_2914 IMG_2913

子どもの森には大きなトランポリンやながーい滑り台など、魅力的な遊具もたくさんなるのですが、霧が出たり、季節によって水の量が変わる不思議な泉があったり、観察したり体験したりできる仕掛けもたくさんなるのが魅力です♪

IMG_0027 IMG_0036 IMG_0006

ネックといえば、お花見の時期などはお昼前には到着しないと駐車場がいっぱいで、なかなか入れないということでしょうか。
植物が多いので、夏場でも木陰に入れば暑さをしのぎながらたっぷり1日遊べると思いますよ♪

電車でのアクセスもいいので、お弁当を持ってピクニックがてらお出かけはいかがですか(^-^)

関連記事

Comment





Comment