ふれることのちから

母が学んでいるタッピングタッチ を、先日やってもらった時のこと。

背中に添えられる掌の温かさにおどろいて。ああ、手当てって本当にすごいなぁ、とあらためて感じた。

手のひらってこんなに力強く誰かを支え、励まし、癒すことができるんだなぁ、と。

傍らにいてくれることの安心。

「援助者」って時に、「被援助者」の力を奪ってしまうことがあると私は思うのだけれど、「伴走者」はもっと柔らかく傍らにいて存在を贈りあいながら認めあえるもの、だと思う。タッピングタッチは力まずに、傍らでたたずみながら温かさを贈ってくれる伴走者、そんな感じ。

きっとみんな、ふれあいたい、認め合いたいもの、なんだと思う。小さい人も、おとなたちも。
こころに、身体にそっと、優しく触れ「そのままのあなたでいいよ」って、伝え合うこと。

そういう、関係性が回復していくといま社会の中で問題になっているようなこともいろいろと解けていくんじゃないかなぁ。今の時代、こころも、からだもなんだかないがしろにされている気がして仕方ないのです。

皮膚感覚で温かさを伝えることはきっと、時に、言葉以上にそのひとのこころをひらいて、優しく柔らかくすると思う。

私も、もう少し時間ができたらタッピングタッチ学んでみたいな。

 

そんな、ふれること、傍らに寄り添うことの温かさを綴った詩が「わたしにふれてください」。

いろいろなところで、これまでも紹介してきたけれど、大好きな詩なのでここでもまた♪
少し長いのですが、ぜひ、読んで感じてみてくださいネ。
233

わたしにふれてください

もしわたしがあなたの赤ちゃんなら
どうぞ、わたしにふれてください。
今までわたしが、知らなかったやさしさを
あなたからもらいたい。
あふろにいれてください、
おむつを替えてください
おっぱいをください
きゅっとだきしめてください、
ほおにキスしてください
わたしの体をあたためてください
あなたのやさしさとあなたのくれる快楽が
わたしに安心と愛をつたえてくれるのです

もしわたしがあなたのこどもなら
どうぞ、わたしにふれてください
いやがるかもしれないし、拒否するかもしれないけど、
何度もそうしてください
わたしがどうしていやがるかわかってほしいから
おやすみなさい、と抱きしめるあなたの腕が
わたしの夜を甘くしてくれる
昼間にみせてくれるあなたのやさしさが
あなたの感じる真実を伝えてくれる

もしわたしがあなたの思春期のこどもなら
どうぞ、わたしにふれてください
もう大きくなったのだからなんていわないでください
あなたがわたしにふれるのをためらうなんて
思いたくない
あなたのやさしい腕が必要です
あなたのおだやかな声をききたいのです
人生は困難なもの、とわかったいま、
わたしの中の小さな子どもがあなたを必要とするのです

もしわたしがあなたの友達なら
どうぞ、わたしにふれてください
あなたがだきしめてくれると、
わたしはあなたにとって大切な人だとわかるから
あなたのやさしさが、おちこんでいる私も、
かけがえのない存在であることを
思い出させてくれるから
そしてひとりではない、と思い出させてくれるから
わたしにやすらぎをくれるあなたのありよう、
それだけがわたしが信じられるもの

もしわたしがあなたのセックスの相手なら
そうぞ、わたしにふれてください
あなたは、情熱さえあれば、十分と思うかもしれない
でも、あなたの腕だけが、わたしの恐れをとかしてくれる
あなたのやさしくおだやかな指先をください
あなたにふれられて、わたしは愛されているということを
思い出すことができる
わたしはわたしなのだ、ということを
思い出すことができる

もしわたしがあなたの大きくなった息子なら
どうぞ、わたしにふれてください
わたしには、
抱きしめるべきわたしの家族はいるのだけれど
それでも、傷ついたときには
おかあさんとおとうさんにだきしめてほしい
おとうさん、あなたといるとすべてが違ってみえる
わたしが、大切なわたし、であると
思い出すことができる

もしわたしがあなたの年老いた父親なら
どうぞ、わたしにふれてください
あなたが小さかったときに
わたしがあなたにふれたと同じように
わたしの手をにぎり、わたしのそばにすわって
わたしを力づけてください
わたしの疲れた体によりそい、あたためてください
わたしは随分しわくちゃになってしまったけれど
あなたのやさしさに力づけられる

どうぞ,何も恐れないで
ただ、わたしにふれてください

(—フィリス・K・デヴィス、原作者Phyllis K.Davis、翻訳者三砂 ちづる)

2015-06-16 | Posted in blogNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment