TODAY

『今日』 (伊藤比呂美 訳)

today

「今日、わたしはお皿を洗わなかった
ベッドはぐちゃぐちゃ
浸けといたおむつは
だんだんくさくなってきた
きのうこぼした食べかすが
床の上からわたしを見ている
窓ガラスはよごれすぎてアートみたい
雨が降るまでこのままだとおもう

人に見られたら
なんていわれるか
ひどいねえとか、だらしないとか
今日一日、何をしてたの? とか

わたしは、この子が眠るまで、おっぱいをやっていた
わたしは、この子が泣きやむまで、ずっとだっこしていた
わたしは、この子とかくれんぼした。
わたしは、この子のためにおもちゃを鳴らした、それはきゅうっと鳴った
わたしは、ぶらんこをゆすり、歌をうたった
わたしは、この子に、していいこととわるいことを、教えた

ほんとにいったい一日何をしていたのかな
たいしたことはしなかったね、たぶん、それはほんと
でもこう考えれば、いいんじゃない?

今日一日、わたしは

today2
澄んだ目をした、髪のふわふわな、この子のために
すごく大切なことをしていたんだって

そしてもし、そっちのほうがほんとなら、
わたしはちゃーんとやったわけだ

today3

 

あかちゃんはかわいい。でも、抱っこに授乳に、着替えにごはん、、、その合間に眠くなってぐずったり。とにかく子育てには時間がかかる。

気がついたら、ぴゅーっと時間が過ぎて、取り込んだ洗濯物もたためずに夜になって。洗い物の途中で授乳になって、うっかり寝かしつけられてしまったりして。

いろんなことが中途半端で、出来ないことを数えだしたら、毎日はできていないことの山だらけ。

そんな毎日を過ごしているお母さん、少なくないと思います。私もそんな一人です。

でもね、だいじょうぶ。ちゃーーんと、やってるんですよ。

ふと、肩の力が抜けてそう思えるあたたかな1冊です。

家事に育児に疲れてイライラしてしまった時には。

深呼吸して、体中に入ってしまった力をまずはすこーし緩めてあげて。それからぽかんと、空を見上げて。

この詩を、思い出してみてください。

 

この詩は、伊藤さんの友人がニュージーランドの子育て支援施設の壁で見つけ、書き写して持って帰ってきたものを英訳したもので、読み人知らずの詩なのだそう。

英語圏には、この詩のように人を励まし慰めるための詩がいくつも流布しているのだとか。

いろんなものに励ましたり、励まされたりして、わたしたちは毎日を超えていくことができる。

なんだか、あったかいですね。

今日という日も、そんな温かさに満ちた日でありますように。

 

 

2015-04-02 | Posted in こころのサプリNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment