【レシピ】豆味噌のハッシュドビーフ

mamemiso

ずいぶん前に、豆乳・白味噌・酒粕を使ってホワイトソースをつくるレシピを習ってから、シチューやグラタンで市販のルーを買うことはなくなりました。

市販のルーの裏面を見ると「乳化剤・香料・酸化防止剤」etc…

なんだかよくわからないものがたくさん入っていて、身体に悪そうだなぁ、、、と、カレーもデミグラスソースも同様に市販のルーを使うことはほとんどなくなりました。

なんだか妙に甘ったるいような後味が残るのも好きじゃなかったので、別の作り方がわかってホッとしていたのですが、ハッシュドビーフはなんとなくルーじゃないとうまくできないような思い込みがあって、結果ずっとつくらずにいました。

で、出会ったのが豆味噌のハッシュドビーフ。豆味噌がコクを出してくれて、後味はさわやかでこれは美味♪

季刊誌「うかたま」のレシピをベースに我が家では寺田本家の酒粕と、煮込む前のお肉に塩麹をプラスしています。

ちなみに、「豆味噌」(八丁味噌・赤味噌など)は、米や麦の麹ではなく大豆そのものを麹にして作るお味噌です。米味噌や麦みそに比べると甘みが少なく、独特のコクと濃厚なうまみが特徴です。

 

【レシピ】豆味噌のハッシュドビーフ

<材料>4人分

牛薄切り肉…250g(★調理の前に少量の塩麹でもんでおくと煮込んでもかたくならない)

菜種油・・・小さじ1

赤ワイン…大さじ2

玉ねぎ…大1個(縦半分に切り、薄切りに)

マッシュルーム…1パック(薄切り)

バター…大さじ1

水…2カップ

自然酒酒粕…適量

A)豆味噌…70~80g、甜菜糖…大さじ2、醤油…小さじ1

トマトの水煮缶…1/2

 

<つくりかた>

1:フライパンに菜種油を熱し、牛肉入れて色が変わるまで炒め、塩・胡椒をする。赤ワインを入れ、煮詰まったら一度さらに取り出す。

2:同じフライパンを熱し、バターを入れてたまねぎがしんなりするまでよく炒める。玉ねぎがしんなりしたらマッシュルームを加えてさらに炒め、マッシュルームもしんなりしたら水と酒粕を加える。

3:沸騰したら、Aと、1の牛肉を加えて10分ほど煮込む。

4:トマトの水煮缶を加え、とろみが出るまでに詰めていく。

5:器にご飯を盛り、4をかけたら出来上がり♪

1晩寝かせたほうが味がなじむ感じがあるので、我が家では食べたい日の前日に仕込んで1晩寝かせていただきます^^

ぜひ、お試しあれ♪

 

2015-03-13 | Posted in ごはんのことNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment