醤油仕込みWSと茶話会

shouyu

和食の“うまみ”がつまった調味料(しょうゆ・さけ・みりん・みそ)は、1種類のカビ(麹カビ)によってつくられています。微生物の力をかりて、ゆっくりじっくり発酵熟成させていただくもの、なのです。

これら調味料は、まさに和食を支え、私たちのいのちを支え続けてきてくれた大切な「日本人の背骨」ともいうべきもの。

ところが、最近では「もどき」におされて本物の醤油が少なくなっているという現実があるのです。

ホンモノの醤油の原料は大豆・小麦・食塩のみ。もちろん、これに作り手さんの情熱や愛情、手間暇、そして発酵を待つ「時間」が注ぎ込まれています。(本格醤油は最低でも1年は寝かせるもの)

一方の「もどき」は、カラメル色素やら、保存料やらびっくりするようなものがたくさん入っていて、なんと2~3日で仕上がり大量生産されているのです。

 

時間がかかる、ということは非効率でもなんでもない、と私は思います。

うまれて生きるのだってみんな、何十年も時間をかけて営んでいるでしょう?そんな、いのちを支えている食にも、きちんと時間をかけて丁寧に向き合ってほしい。

日本人の身体にあった和食を支えるお醤油だけど、お味噌に比べると家庭仕込みはまだまだ多くはありません。な~んて言いながら、実は私も初挑戦なのですが。

ぜひ今年はご一緒に、手前醤油を仕込んでみませんか?

 

<<詳細>>

出来高約1.8L分のお醤油をお持ち帰りいただけます。島根県奥出雲の老舗お醤油メーカー森田醤油さんの丸大豆濃口醤油手作りキットを使い、塩は海の精、水は日田の縄文りゅうせき水を使って仕込みます。

お醤油は仕込み用のガラス保存瓶(セラーメイト)に入れてのお渡しです。

持ち帰るのが重たくて、、、という方は配送も可能ですので、当日お声掛けください。

 

☆開催日時

①4月2日(木)11:30~13:30 (★先着 3名様)

②4月11日(土)11:30~13:30 (★先着 3名様)

③4月13日(月)11:30~13:30 (★満員御礼 ありがとうございます)

 

☆場所   文京区小石川周辺(詳細はお申し込みの方にお知らせいたします)

 

☆料金   7500円

(持ち帰りの醤油1.8l+持ちかえり容器+醤油に関する資料+仕込後のお昼ご飯 つき♪)

 

☆お申込み: contactページにて、題名欄に「醤油仕込WS申込み」と記載の上、お申し込みください。

なお、材料の発注などありますのでお申し込みは開催の3日前までにお願いします。

*発注の都合上、キャンセルはお受けできません。当日参加ができなくなった場合にはしょうゆキットを送付もしくは、こちらで仕込みを行ったものを郵送対応させていただきますのでご了承くださいませ)

2015-03-13 | Posted in お知らせNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment