ごはんのこと

「生きる過程で、何かを発見したり達成したり夢をかなえる機会があるだろう。大切なものを失う日もあるだろう。嬉しかった日も、悲しかった日も、人生の途中である。それよりも大切なのは、繰り返す日々そのものである。ごはんがおいしかったとか、誰かと笑いあったとか。そういう一瞬の中にしあわせはある」

(阿古真理「昭和の洋食 平成のカフェ飯 家庭料理の80年」)

 

繰り返す毎日の象徴が、ごはん。幸せな時間ではあるけれど、食卓を預かるものにとっては毎日の献立は頭悩ますものでもありますよね。

特に初めての離乳食はおっかなびっくりはじまって。あかちゃんが食べたり食べなかったりに一喜一憂したりして。

でも人は食べないと生きていけないから。

悲しい時もうれしい時も、お腹は空くし食べることでまた、一歩を踏み出すちからがむくむく湧き出すもの。食べるって、ひとをつくる。いのちをつなぐこと。

だからやっぱり、大切にしたいなと思うのです。

ご飯にまつわるあんなこと、こんなこと。離乳食のレシピなどなど。

おいしいとうれしいをシェアしていきたいと思います。

IMG_2773

2015-01-17 | Posted in ごはんのことNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment