一陽来復

一陽来復

12月22日。今日は冬至。
ゆず湯、入りましたか?

今年も無事、この日に穴八幡さまに詣でて一陽来復のお守りを受けることができたことに感謝♡

冬至は陰が極まって陽に転ずる日。そのことを「一陽来復」という言葉で表します。

「一陽来復」のもともとの意味は、冬が続いた後春の兆しが表れる、ということ。

そしてもう一つは、「悪いことが長く続いた後で、ようやくいい方向へ向かうこと」という意味もあるそう。

冬至は1年の中で最も闇が深まりゆく時だけど、それは同時に、光が強さを取り戻す、そのはじめの時でもあって。

わたしたちは、闇があるからこそ、光にも気がつくことができる。
だから、この闇の季節には闇と向き合い、闇を感じる時間を大切にしたい。そうやって、いずれ訪れる光の季節をじっくりと待つ。
今日ここから、世界はまた明るい方へ、明るい方へ。
佳きことのほうへ、よきことのほうへ。

 

わたしたち一人ひとりが、自分のこころの中にともる灯に気がつき、その光を見失わずにいること。

どんなに小さな光でも、ともる灯がひとつでもある限り、絶対にまっ暗闇にはならないから。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です