11/25 「よみがえりのレシピ」自主上映会 のお知らせ

在来作物、という言葉を聞いたことはありますか?栽培する人たち自身が種や苗を守り、世代を超えて地域に受け継がれてきた作物です。

大量生産、大量消費の社会になり、品種改良が進んでいく中、在来野菜たちはどんどん姿を消していきました。

そんな在来野菜たちの存在に光をあて、地域の風土や物語までお皿の上に盛り込んでしまう「アルケッチャーノ」の奥田シェフ。
淡々と日々の営みを繰り返しながら、先祖伝来の在来野菜を守り継ぐ農家の方々。

カメラは、あたたかに。でも淡々と在来野菜たちと取り巻く人びとを追っていきます。

これは、いのちの循環のものがたり。
未来につなぐ種のおはなしです。

大切に作られた野菜や守り継がれた種たちが語る、物言わぬ声に耳を傾けると、胸がほっとあたたかくなって、お腹がぐぐーっと音を立て。
観た後に、ゆっくりと丁寧に美味しい食事がしたくなる、「おいしくて、こころに効くドキュメンタリー」です。

ぜひ、大切な方をお誘い合わせの上、ご来場ください♡
http://y-recipe.net/

\開催日時/
2017年11月25日(土)
①10:30〜(本編 95分)
パパママタイム
乳幼児連れオッケーの時間です。小さなお子さま連れでも気がねなくお楽しみください。託児はありませんが、マットスペースや、オムツ替え台、授乳室などご用意してお待ちしています(^^)
もちろん、赤ちゃんの泣き声などをBGMと思って頂けるオトナの方々のご参加もどうぞ。

②14:00〜(本編95分)
静かにじっくりご覧になりたい方はこちらのお時間帯にどうぞ。


\料金/
中学生以上 1000円(当日:1200円)
小学生 500円(当日:700円)
*要予約&事前振込
\お申し込み/
以下ページよりお申し込みをお願いいたします。
http://kokucheese.com/event/index/490901/

\開催場所/
見樹院本堂
http://www.nam-mind.jp/access.htm

<言葉の地図>

<丸ノ内線・南北線:後楽園駅からの場合(徒歩約12分)>

地上改札を出て、左手の礫川公園側へ。礫川公園を抜けて富坂に向かいます。 いくつか信号があるので、駅のある側と逆側にわたり、坂を上ります。 目印は、左手に中央大学理工学部、もっと坂を上っていくと右手に富坂警察署があります。 富坂警察署を過ぎて伝通院の交差点へ。 伝通院の交差点に来たら、山門に向かって右折します。 山門に突き当たったら左折して、直進します。 しばらく歩く右手に表町会防災倉庫という白い建物があり、そのすぐ先のT字路を右折し、40mほど歩いて左側にある宝蔵院の手前の路地を入り、突き当りの正面が見樹院です。
1階入り口から入り、2階が今回の会場の本堂です。

<大江戸線・三田線:春日駅からの場合(徒歩約15分)> いくつか出口があるのですが、6番出口に出てください。

(A6と6番出口があるので注意!6番の富坂方面出口です) 6番出口を出てすぐの坂が富坂なので、その坂を上ります。 信号を渡り、坂を上り始めるとすぐ左手にあるのが礫川公園なので、礫川公園以降の道順は、上の言葉の地図と同じです。

2017-10-07 | Posted in お知らせNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment